信頼できるお店で

より良いダイヤモンドを選ぶために

一人の人間が一生の間ででダイヤモンドを購入するということは一生に一度くらいしかないのではないのでしょうか。それは、当然、結婚に伴う婚約指輪としてパートナーに贈る場合などです。一生に一度のことですから、誰でも信頼できるお店で、本物のダイヤモンドを求めたいと願うはずです。この場合、信頼できるお店とはその店の信頼性・安心度・評価によると思われます。せっかく購入した一生に一度あるかどうかわからない高価なダイヤモンドの購入が、その値段につり合わない価値しかないものだとしたらやりきれないものがあります。

口コミやネットなどでの評判もさることながら、やはりそのお店に実際に行ってみて店員さんの知識や接客態度に直に接してみることが有効な手段ではないでしょうか。また、ご自身で良い選び方のノウハウをネットなどで検索してから、実際にお店に行けば、店員さんの紹介などもよりよく把握できるものと思われます。では、良いダイヤモンドは一般にどのようなものをいうのでしょうか。 一般的にダイヤモンドの価値は4Cといわれる基準によって決まるとされています。

4Cとはカラット(重さ)、クラリティー(透明度)、カラー(色)、カット(形)の4つの要素の頭文字からとられています。まずカラットについてですが、当然のことながら重さが重ければ重いほど値段は高くなるわけですが、重量の大きいものはその希少性ゆえに、価格はその重量に比して倍以上になります。重量が大きいことのメリットはやはり見た目もの大きさがあげられますので、この点を考慮される方には、無視できない要素かと思われます。次に、クラリティーとは透明度のことで、これは内部にある内包物の存在のやキズにより定まります。10倍に拡大してもほとんど傷等の発見が困難であるVVSとよばれるグレード以上のものが婚約指輪など大切な方への贈り物にふさわしいと考えられます。

3番目の色についてですが、透明なものであればあるほど品質上もっとも美しいものとされ、黄色がかったものになればなるほど、質が落ちるとされています。DからZまでの等級があり、Z以下の等級はカラーダイヤモンドとよばれます。F等級までのものがほぼ完全に無色のものとされ、この等級までのものを購入する方が多いとされます。最後にカットですが、この要素だけは天然の状態でなく、カッティングの技術により定まるものです。このカットの状態により輝きが異なるものとされます。 以上の初歩的な知識を踏まえて、実際にお店に行ってみれば、より良いダイヤモンド選びの手助けになるのではないでしょうか。